トップ

キャビテーションと冷え性

代謝を高めるキャビテーションのすすめ

冷え性と代謝の関係性

女性に多い体のお悩みと言えば冷え性。手足がいつも冷たくて、とにかく寒く感じる冷え性は辛いものですよね。しかし、困るのはそれだけではありません。なんと冷え性はダイエットと深い関わりがあるのです。

体の冷えは血行が悪い状態です。血液の巡りが悪くなると、必要な熱や栄養が全身に届ききらないので、末端が冷えたままになりますし、基礎代謝も下がります。基礎代謝というのは、生命を維持するために必要になるエネルギーのことです。

基礎代謝が低い、つまり代謝が悪いということは、食事によって摂り入れたものがエネルギーに変わらず、脂肪として蓄積しやすくなってしまいます。つまり、「冷え=代謝が悪い=太りやすい」と言えます。

また、冷え性の人は低体温のことが多いですが、体温が1℃低いだけで12%も基礎代謝が下がってしまいます。体温が低い人はその分注意が必要です。

冷えると太りやすい、と聞くと、冬は太りやすくて夏は痩せやすいのかしら、と思ってしまうかもしれませんがこれは間違い。実は、冬に比べて夏こそ代謝が下がって冷え太りしやすい季節です。

冬は気温が低く寒いので、体がエネルギーを利用して熱を生み出す必要がありますから代謝が上がります。

その一方で、夏は暑いので必要な熱量が少なくてすみますから、代謝が下がります。それに加えて、エアコンによって室内は涼しく保たれていますし、冷たい飲み物やアイスを食べる機会が多いです。

すると、夏なのに体が冷えている状態が続きやすいです。「冷える」と「代謝が下がる」の悪循環が続き、冷え太りしてしまうというわけです。

ダイエットしたいなら、まずは冷えない体になれるよう生活習慣を見直して、血行をよくするケアを始めましょう。

超音波を使った痩身エステであるキャビテーションは、脂肪細胞に直接アプローチするのでダイエット効果が高いと言われていますが、冷えの解消にもおすすめです。脂肪細胞を壊すことで血行がよくなり、代謝を上げるので冷えにくい体質づくりにも役立ちます。