トップ / キャビテーション前に行うこと

キャビテーションと冷え性

キャビテーション前に行うこと

効果をアップさせるには前後のケア

実際にキャビテーションを受けてみると痛みなどはなく、オイルの上からマシンでなでられるだけですので、どちらかといえば気持ちいい感覚が強いです。

ただ、頭の中に響くようなキーンという音を感じます。これはキャビテーションの超音波による振動が骨にあたることで起こるようで、感じ方にも個人差があるそうです。この感じが不快に感じる方もいるようですが、この音がしにくい機械を採用しているサロンもあります。

施術を受けて数分経つと、体の中から熱くなっている感じがします。まさに脂肪が溶けだしている感じです。既に代謝が悪い状態だと、施術をしてから脂肪が溶け出すまでに時間がかかってしまうので、キャビテーションの前に体を温めておくことで効果が上がりやすくなるのだそうです。

エステサロンでキャビテーションを受ける場合は、キャビテーションの前にヒートマットなどで体を温めるメニューを入れているところを選ぶのが良いですね。

また、キャビテーションはそれ単体ではなく、溶け出した脂肪をしっかり排出させるケアも組み合わせることで効果がアップします。

キャビテーションのコースはエステサロンによって様々ですので、キャビテーションを受けられるサロンを探す際はどんなコース内容になっているかチェックしておくようにしましょう。家庭用キャビテーションマシンを選ぶ場合も、いくつかのエステ機能があるマシンが良いですね。

キャビテーションのコースでおすすめなのはラジオ波を受けられるものです。ラジオ波は痩身エステでは定番の施術方法で、高周波を使って水分を振動させることで摩擦熱をうみだすという仕組みです。

体を温めて、代謝を上げるという効果に優れているので、キャビテーションと併用することで脂肪を排出しやすくしてくれます。

キャビテーションはそれ単体ではなく、
・事前に温めておくことで効率的に脂肪を溶かしだすこと
・施術後には溶けだした脂肪の排出を促すこと

この2点を叶える方法と組み合わせることでさらに効果がアップする、ということを覚えておきましょう。