トップ / 自分で血行をよくできる方法

キャビテーションと冷え性

自分で血行をよくできる方法

効果を高める血行促進マッサージ

キャビテーションの前や、エステサロンのキャビテーションに通っている期間はできるだけ血行をよくしておくことが大事です。セルフマッサージで気になる部分をもみほぐして、温めておくようにしましょう。

その際、重点的にマッサージするのはふくらはぎです。ふくらはぎは第二の心臓と言われているほどで、ここをもみほぐすことで全身の血行をよくすることができます。ふくらはぎを触ってみて「冷たい」と感じる方は血行が悪いので、今日からふくらはぎマッサージをはじめてみてくださいね。

ふくらはぎのマッサージはとても簡単で、アキレス腱から膝の裏に向かって、血液を心臓に戻す用なつもりでもみほぐすだけです。

マッサージする側の膝を立てて床に座ったら、足首を両手で覆うように持ちます。少し力を入れながら、足首から上に向かって親指で少し強めに押しながらマッサージしてあげましょう。

難しいことを考えず、ふくらはぎを温めるようなつもりで撫でるだけでも充分効果があります。血行がよくなってむくみも解消できるので、キャビテーションの前だけでなく、日ごろから気付いたときにマッサージするクセをつけるといいでしょう。私はいつもテレビを見るときや、お風呂の中などで実践しています。

疲れて足がパンパンな日でも楽になりますし、キャビテーション効果も合わさって以前よりもむくみにくくなったように感じています。自分の好きなボディクリームを使ってマッサージすれば気分も上がりますし、良いリフレッシュになるのでおすすめです。

ダイエットや冷え性改善のためにキャビテーションをするなら、自分でできるセルフケアも摂り入れることで効果がアップします。健康で美しいボディを手に入れるために、毎日少しだけで良いので、自分の体をケアする時間を作ってみては?